楽天モバイルにMNP。申し込み方法を徹底解説!




格安SIMのデビューにオススメなのが楽天モバイル。

はじめての格安SIMへの乗り換えは不安がいっぱいです。

そこで申し込みや設定に不安がある人の為に、実際の申し込み手順を詳しく説明してみました。

同じ手順で進めていけば、誰でも乗り換えできるよう解説していきます。

ぜひ参考にしてください。

楽天モバイルの申し込み手順を解説

申し込みに必要なもの

  • MNP予約番号
  • クレジットカード
  • 本人確認書類
  • キャリアメール以外のメールアドレス

以上のものを用意し、楽天モバイル公式サイトから申し込みます。

①.楽天モバイルのサイトから、「今すぐWebでお申し込み」をクリック

 

②.申し込みタイプを選択を選択します

手持ちの端末を使う場合は「SIMのみ購入」にチェック。

端末と同時購入の場合は希望のスマホにチェックをいれます。

オススメの端末はHUAWEI P10 Liteです。

今回は端末も同時に申し込むパターンで説明します。

 

③契約するSIMタイプを選択し、「料金プランの選択へ」をクリック

画面を下へスクロールしSIMタイプを選択します。その後「料金プランの選択へ」をクリック

 

④希望のプランを選択

今回は格安SIMで一番人気の3.1GBプランを選択しますが、自分に合った容量を選んでもらって大丈夫です。

 

⑤.SIMカードのサイズを選択し、「オプション選択へ進む」をクリック

端末を同時購入する場合は、あらかじめ対応したSIMカードが選択されますので特に選択する必要はありません。

手持ちのスマホを使う場合のみ、SIMカードのサイズ選ぶ必要があります。

SIMサイズを間違えた場合のSIMカードの再発行は、有償交換費3,000円が請求されます。

間違えないように慎重に選びましょう。

SIMカードのサイズは、こちらのページから簡単に調べることができます。

スマホのSIMカードサイズを調べる

端末のカラーもここで選びます。

 

⑥必要なオプションを選択し、「アクセサリー購入へ進む」をクリック

必要なオプションを選択します。

 

端末保証は必要?

最も悩むのは端末保証が必要かどうかだとは思いますが、個人的には格安スマホには端末保証は必要ないと思います。

P10 Liteの場合は約24,000円。

端末保証は月額500円ですので、仮に2年間使った場合は12,000円支払うことになります。

端末保証の修理は無料ですが、交換対応の場合 1回目 4,000円(税抜)、 2回目 8,000円(税抜)の料金がかかります。

たとえ端末保証に入っていても、故障の程度が深刻であれば、ある程度のの費用がかかってしまいます。

そうなると新品を購入することも選択肢に入ってきますので、慎重に考えたほうがいいかもしれません。

持ち込み端末の場合は「つながる端末保証 by 楽天モバイル」を選択することで、手持ちの端末も保証を受けることができます。

「SIMカードのみ」を選択した場合に選ぶことができます。

手持ちの端末がiPhoneなどの高額なスマホであれば、加入することをオススメします。

オプションの選択が終わったら、「アクセサリー購入へ進む」をクリック

 

⑦アクセサリーを選択し、「お客様情報入力へ進む」をクリック

必要なアクセサリーがあれば選択し「お客様情報入力へ進む」をクリック。

 

⑧楽天会員の方はログイン

楽天会員の人はそのままログイン。

楽天会員でない方は下の「お客様情報の入力へ」をクリック

 

⑨MNP予約番号に関する情報を入力します

“自宅から楽天モバイル開通受付センターに電話して開通する”には確実にチェックを入れてください。

キャリアから発行されたMNP予約番号の情報を入力します。

入力後、下へスクロール。

 

⑩楽天でんわのプランの選択をします

“注意事項を確認し、楽天でんわについて同意しました。”のチェックボックスにチェックを入れます。

その後、必要な通話オプションを選択してください。

そんなに通話を使わない人や、LINE電話がほとんどという人は普通の「楽天でんわ」のみで十分です。

 

⑪ご契約者情報を入力します

ここは楽天IDでログインしている人はすでに、入力されていると思います。

最後まで入力し終わったら「お客様情報確認へ進む」をクリックします。

 

⑫申込内容に間違いがないか確認する

間違いがなければ、「利用規約確認へ進む」をクリックします。

 

⑬利用規約を確認し、「申し込みを確定する」をクリック

 

⑭本人確認書類をアップロードするをクリック


画面に表示されるログインIDとパスワードをメモします。

本人確認書類をアップロードをクリックし、案内に従って本人確認書類をアップロードしたら申し込みは完了です。

申し込みが完了した時点で、登録したメールアドレスにメールが届きます。

スマホからでも本人確認書類をアップロードできますので、PCかスマホお好きなほうからアップロードしてください。

SIMカードが到着したらやること

申し込み完了後2~3日のうちにSIMカードが届きます。

端末を同時購入した場合

  1. SIMカードが届いたら、SIMカードを挿します。
  2. 端末を同時に購入した場合は、APN設定がされた状態で贈られてきますので設定は必要ありません。
  3. 楽天モバイル開通センターに電話をし、開通作業を行えばSIMの切り替えは完了です。

手持ちの端末を使う場合

  1. SIMカードが届いたら、SIMカードをキャリアのものと挿し変えます。
  2. 書類の中身に書かれている通り、APNの設定をします。
  3. 楽天モバイル開通センターに電話をし、開通作業を行えばSIMの切り替えは完了です。



APNの設定とは

通信をするためのアクセスポイントを指定することです。

SIMカードが挿されていても、APNの設定が間違っていると通信することができません。

手持ちの端末を使う場合は、キャリアのAPNから楽天モバイルのAPNに設定を変える必要があります。

まとめ

つい後回しになりがちな通信費の見直し。

実際にかかる時間は、1時間もあれば乗り換えが出来てしまいます。

たった1時間の作業で年間7万円も節約できるんですから、やらない理由はありません。

行動すれば確実に結果として返ってきます。

そのうちではなく「すぐやる」ことが節約を成功させるたったひとつの方法です。

オトクは向こうから歩いてきません。

この記事がみなさんのオトクの入口になれば幸いです。

ぜひ参考にしてみてください。

おすすめ関連記事

まだ8,000円も払ってるの?スマホ料金をスリム化する”格安SIM”のススメ

【格安SIM】楽天モバイルへMNPした結果、年間7万円の節約に成功