4,000万曲突破|音楽アプリ『AWA』の実力は?FREEプランのおいしい使い方

どれだけ聴いても料金が変わらない、定額音楽配信が人気を集めていますね。その中でもavexとサイバーエージェントが共同運営するAWAは人気サービスのひとつ。AWAは個人的にオススメの音楽配信の一つなんですが、その理由は無料プランの使い勝手にあります。そこで今回は有料プランとの違いはもちろん、無料でどこまで音楽を楽しむことができるのかにスポットをあて、注目のAWAのサービスを紹介していきたいと思います。

 

AWAのオススメポイント


まずはいくつかのAWAのオススメポイントを簡単に紹介。

 

AWA - 音楽ストリーミングサービス

AWA – 音楽ストリーミングサービス
開発元:AWA Co. Ltd.
無料
posted with アプリーチ

登録不要でカンタン

まず驚きなのが、アプリをインストールするだけですぐに利用できてしまうところ。利用のハードルは低ければ低いにこしたことはないです。面倒なネットサービスの登録にうんざりしている人も多いはず。ちょっと配信ラインナップを確認したいな程度の気持ちの時は、登録項目が多いだけで萎えちゃうこともありますからね。

配信曲数は音楽配信サービス最大級

配信曲はLINEミュージックやSpotifyに並ぶ4000万曲以上。配信曲も特定のジャンルに偏るようなこともなく、まんべんなく散りばめられています。個人的にうれしいポイントは意外とマイナーな邦楽アーティストもしっかりカバーしているところ。Spotifyなんかは洋楽好きにはオススメできるんですが、邦楽はやや弱いですからね。

それだけでも音楽配信サービスがしっかり差別化されていることがわかります。ちなみにAWAで聴くことができる個人的ないち押しアーティストは「Awesome City Club」。ただただオシャレな音楽やってます。暗黒の青春時代を過ごした自分には少々まぶしい存在ですが、年齢とともに何とか直視できるようになりました。それ以降はけっこう夢中に。時間がある人はぜひ聞いてみてください。

1か月無料体験あり

AWAには1か月無料体験が用意されています。もちろん体験中はすべての機能がオールフリーで使い倒すことができます。1か月あれば自分にあった楽曲があるかは十分に判断できますから、利用しない手はないですよね。しかしLINEミュージックは無料お試しが3カ月無料と非常にお得なので、AWAにも今後はもう少し頑張ってほしいところ。

無料トライアル申し込み方法


アプリを起動後、『さぁ、はじめよう』をタップします。次の画面で『無料トライアルを開始するをタップ』すると、決済画面に進みます。表示される『定期購入』を選択して申し込みは完了です。960円の決済が表示されますが、無料体験期間中に解約すれば料金は発生しませんので、まずはお試しのみの場合は忘れずに解約しておきましょう。

AWAの料金プラン

有料プランと無料プランの違いは、以下の表のとおり。有料プランのSTANDERDは月額960円(税込)とライバルたちとガチンコの価格設定ですね。価格が変わらないとなると選ぶ基準はもちろんサービス内容になるわけで。その点AWAの有料プランは、がっつり音楽を聴く人にとっても不足のないクオリティで提供しています。

 

STANDARD
960円(月額/税込)
FRREE
0円
オンデマンド再生オンデマンド再生
プレイリストの作成・公開プレイリストの作成・公開
広告なし広告なし
複数のデバイスで同期可能複数のデバイスで同期可能
歌詞表示歌詞表示
ハイライト再生ハイライト再生
フル尺再生フル尺再生
オフライン再生オフライン再生
再生時間制限なし再生時間制限なし

AWAはFREEプランもアツい

僕がAWAをオススメする理由が、FREEプランの使い勝手にあります。さすがに有料プランと全く同じというわけにはいきませんから、FREEプランでは『フル尺再生』、『オフライン再生』、『再生制限時間』が利用できません。まぁさすがに一番欲しいところはできないようになっています、笑。しかし、AWAのFREEプランでは無料でしっかり音楽が楽しめるような工夫があります。詳しくは後述しますので、差し当たってはFREEプランの利用方法の紹介から。

FREEプランのはじめ方


まずは気軽にFREEプランで始めたい場合は、アプリ起動後「あとで」をタップすることでFREEプランで開始することができます。順番的には無料体験をして満足すれば有料プランに移行、それ程でもなければFREEプランを使っていくのがスマートなやり方。ただAWAの有料プランはかなりのクオリティがありますので、一回体験したら入会する率はかなり高いと思いますけどね、笑。

パワーアップしたFREEプラン

先ほどからお伝えしている通り、AWAには有料プランだけじゃなく完全無料で利用できるオトクなFREEプランも用意されています。しかしサービス開始当初のFREEプランは不評だったんでしょうか?実は最近AWAではFREEプランに大幅なてこ入れがあったんですよね。特に大きな改善は再生時間制限。もともとは月当たり60分程度しか聴くことができなかったんですが、それが月当たり20時間までの大幅増。

一日1時間弱は聴けますのでライトな使い方であれば十分な時間だと言えますよね。その他にもFREEプランはかなりのパワーアップが図られています。他社サービスとの競争も激しいですからね。ユーザーとしては競争大歓迎。

 

FREEプランでできるようになったこと

  • オンデマンド再生
  • 曲のスキップ
  • バック
  • シャッフルリピート
  • シークバー操作
  • 再生キュー機能
  • プレイリスト作成・公開

AWAのFREEプランがオイシイところ

有料プランはさすがの充実度。だから利用した人の満足度は高いんですよね。ですので、ここは完全無料のFREEプランでどれだけAWAを楽しむことができるかを考えてみたいと思います。FREEプランなので、当然すべての機能を使うことはできませんが、しっかり音楽を楽しむ機能は備わっている、AWA・FREEプランの美味しいところを紹介します。

広告なし

AWAはたとえFREEプランでも広告はありません。これはイイポイントですよね!広告がなくてどうやってFREEプランの提供をしているかは分かりませんが、ユーザーにとってはありがたいことに変わりはないです。Spotifyのフリープランは頻繁に広告が流れてきますが、AWAから流れてくるのは音楽のみ。しかしSpotifyに関してはシャフルプレイですがフル尺再生ですので、一長一短。両方のサービス賢く使い分けたいですね。

ハイライト再生

非常に珍しいハイライト再生。その名の通り、曲のハイライトに絞ってどんどん切り替わっていきます。時間は30秒だけのものや1分30秒までまちまち。その基準は正直よく分かりません。笑。次の曲にどんどん切り替わっていくのは楽しく、常に曲のハイライトが流れるのはテンション上がります。色んな曲を手早くチェックできるので、忙しい人、新しいアーティストの発掘に熱心な人にはうってつけですね。

プレイリストの作成・公開

先ほどお伝えしたとおり、FREEプランでもプレイリストの共有が可能に。自分で作った渾身のプレイリストを公開するもよし、好みが似たユーザーのプレイリストから見聞を広めるもよし。ただ聞くだけの一方向の楽しみ方だけじゃないのがプレイリストの熱いところ。新規開拓ハマりすぎ注意!

Spotifyフリーとの比較

AWAのFREEプランを使っている人も、そうでない人も気になるのは、Spotifyとのフリープランの違い。

 AWAフリープランSpotifyフリープラン
広告ナシアリ
フル尺再生×
プレイリスト共有
曲のスキップ無制限1時間に6回まで
曲のシーク×

見ての通り、一長一短ですね。フリープランなので、あえてどちらか一つに絞る必要はありませんからね。聴きたい曲があるほうでもいいですし、広告の有り無しで選んでもいいですし、どちらにせよ自分のその時々の目的に合わせて使うのがもっともお得なのは言うまでもありません。

AWAの特長まとめ

最後にざっと、AWAの特徴をひとまとめ!

チェック!

  • オフライン再生対応
  • 歌詞表示機能
  • 検索からのオンデマンド再生
  • 公式・ユーザー作成プレイリストの共有
  • ハイライト再生
  • 1ヵ月の無料体験
  • FREEプランも広告なし

まとめ

AWAは有料プラン、無料プラン問わずでオススメできるサービスです。多くの人がLINEミュージックかSpotifyといったところと迷うと思いますが、やはり無料トライアルがある以上はご自身で確かめるのが一番です。

登録不要のため、解約を忘れて料金が発生する心配もありませんので、気軽にインストールしてみてはいかがでしょうか?よき音楽ライフになるよう役立てていただけたら幸いです。

 

AWA - 音楽ストリーミングサービス

AWA – 音楽ストリーミングサービス
開発元:AWA Co. Ltd.
無料
posted with アプリーチ

では。