DAZN(ダ・ゾーン)を見るための最強格安SIMはどこ?選び方や注意点まとめ

DAZNがサービス開始からわずか一年で、契約件数100万件を突破しました。それと同時に、格安SIMでDAZNを利用したいと考える人も急増しています。

そこで今回は、DAZNの利用を前提とした格安SIM選びのポイントを紹介していきたいと思います。

 

▼この記事で分かること

  • そもそも格安SIMでもDAZNは見られるの?
  • 格安SIMを選ぶポイントは?
  • DAZNを見るための最適な格安SIM3選

 

 



DAZNとは


DAZNとはさまざまなスポーツをライブ、またはオンデマンドで観ることができる、スポーツに特化した動画配信サービスです。

月額1,750円(税抜き)ですべてのスポーツ中継が見放題、オンデマンドによる見逃し配信にも対応し、絶賛人気爆発中。

その中でも大きな目玉コンテンツはサッカー中継。欧州5大リーグに加えJ1/J2/J3の試合も生中継で見ることができる、サッカーマニア垂涎のラインナップになっています。

そのほかにも、野球(MLB、プロ野球)、モータースポーツ、テニス、ボクシング、総合格闘技など、数多くのスポーツをDAZNひとつで見ることができます。

まさに、スポーツ配信の革命児ともいえる存在です。

DAZNに最適な格安SIMの選び方

格安SIMでもDAZNは見られるの?

キャリアから乗り換えを考えている人にとっては、ヒジョーに気になる問題なんじゃないでしょうか。もちろん格安SIMでもDAZNを見ることができます。

しかし3社(ドコモ、au、ソフトバンク)しかないキャリアと違って、格安SIMを取り扱う企業は数百社にものぼります。その中から最適な格安SIMを探すのは非常に骨がおれる作業ですよね。

そこでDAZNのサービスの特徴から、最適な格安SIMを選ぶための2つのポイントをピックアップしてみました。

その2つのポイントとは、「データ容量」と「通信速度」。

これをもとに、DAZNの視聴に最適な格安SIMを絞り込んでいきたいと思います。

DAZNに必要なデータ容量は?

DAZN視聴はデータ容量に注意

せっかくのスポーツですから、テレビの大画面で観ている人が多いんじゃないでしょうか?DAZNならすべての試合を生中継で見ることができますが、いつでも試合時間にテレビの前にいられるわけではありませんよね。

どうしても見たい注目の試合。そんなときに限って「仕事が終わらない」なんてこと、忙しい現代人にはよくあることなんじゃないでしょうか?

もちろんDAZNならスマホやタブレットで、どこでもスポーツ中継を見ることができますので外出先であっても安心です。しかし、外出先でのDAZNの視聴には少し気をつけておきたいポイントがあります。

それはデータ通信量です。

DAZNはオフライン再生非対応

DAZNはオフライン再生非対応ですので、外出先での視聴には注意が必要です。

DAZNアプリには画質設定がありませんので、通信速度にあわせ常に高画質でキレイな画像で再生されます。これはこれでありがたいんですが、反対にデータ通信量が跳ね上がってしまうというデメリットにもなってしまいます。

せっかくの白熱の試合なんですから、”データ通信量が気になって楽しめない”なんてことは、ぜひとも避けたいところ。

DAZNを1時間再生した場合のデータ通信量は?

DAZNを1時間再生した場合のデータ通信量はおよそ1GB。コンテンツによって多少の変動はありますが、はっきり言ってものスゴク容量を使います、笑。

キャリアで最も利用者が多いのは5GBプランですが、サッカーの試合をフルに視聴する場合は5GBだと3試合ちょっとが限界です。

しかも、これはDAZNだけを使った場合の計算ですからね。ネット閲覧やSNSに音楽再生、その他の動画サービスもなんてことになったら、とても5GBなんかじゃ足りませんよね。

そのため、DAZNをデータ容量を気にせず見るためには、5GB以上の大容量プランが必要ということが言えます。できれば5GBの倍、10GB以上のプランに対応している格安SIMが理想だと言えます。10GBもあればサッカーでも5、6試合はフル視聴することができますからね。

10GB以上のプランがある格安SIM。

これをDAZNに最適な格安SIMを選ぶ、最初の条件にしておきましょう。

DAZNに必要な通信速度は?

DAZNを快適に見るために、どのくらいの通信速度が必要なのかも確認しておきましょう。

▼以下、公式サイトより抜粋

インターネット通信環境
・標準画質(720p)での動画のご利用時に推奨されるインターネット接続スピードは、5.0Mbpsです。
・HD画質(1080p)での動画のご利用時に推奨されるインターネット接続スピードは、9.0Mbpsです。

スマホの小さな画面で見る場合は、最低でも標準画質(720p)は欲しいところ。サッカーやテニスなどの球技は、画質が悪いとボールが見えなくなってしまう可能性がありますからね。

ですので、DAZNを快適に見ることができる通信速度は、公式サイトが推奨している5.0Mbps以上が望ましいといえます。

格安SIMの通信速度は?

では、肝心な格安SIMの通信速度はというと、一般的に格安SIMの通信速度は、キャリアよりも速度に波がある傾向にあります。速度が速い時間帯もあれば、遅い時間帯もあるということですね。

特にランチタイムや通勤時間などでは顕著に通信速度が出なくなってしまうことがあります。

そのため、通信速度の遅い格安SIMを選んでしまうと「遅くて止まってしまう」「カクカクしてまともに見られない」なんてことにもなりかねません。

DAZNにオススメな格安SIM3選

以上のことを踏まえますと、DAZNの視聴に適した格安SIMは、「10GB以上の大容量プラン」があり「5Mbpsの通信速度がでる」ことが条件になります。

ここでは、この2つの条件を満たした3つの格安SIMについて解説していきます。

  • 楽天モバイル
  • nuroモバイル
  • U-mobile

 

楽天モバイル

楽天モバイルは利用者数No.1の大人気格安SIMのひとつ。

楽天モバイルならスマホの料金が超お得!

データ容量は3.1GB、5GB、10GB、20GB、30GBと大容量プランに対応していますので、DAZNを利用するのに不足はありません。

 

 通話SIMデータSIM
(SMSなし)
ベーシックプラン1,250円525円
3.1GBプラン1,600円900円
5GBプラン2,150円1,450円
10GBプラン2,960円2,260円
20GBプラン4,750円4,050円
30GBプラン6,150円5,450円

 

通信速度に関しても、モバレコの格安SIM速度ランキングでは常に上位にランクインする安定感があります。混雑しやすいランチタイムでも、比較的実用的なスピードが出ていることが分かります。

そのほか楽天モバイルには以下のような特徴があります。

  • 回線はドコモ回線
  • 5分かけ放題と完全かけ放題の、2つのかけ放題プラン
  • 口座振替に対応
  • スマホがお得に買えるキャンペーン
  • 支払いには楽天ポイントが使える
  • 楽天でのショッピングがポイントアップ


 

nuroモバイル

nuroモバイルはso-netが運営する格安SIMサービスです。

nuro mobile

プランこそ最大10GBまでの対応ですが、オススメしたいのが必要な分だけ高速通信が使い放題になる「時間プラン」です。

時間プランは1日5時間までは高速通信が使い放題というnuroモバイル独自のプラン。月額料金は音声通話付きプランが3,200円と、リーズナブルな価格設定がありがたいですよね。

一日の利用時間が決まっている人には、かなりオススメのサービスと言えます。

 

時間プラン:イメージ

 

U-mobile

U-mobileは動画配信サービスで有名なU-NEXTが運営する格安SIMサービスです。U-NEXTとの連携したサービスが充実しているのが特徴。

25GBの大容量U-mobileMAX

U-mobileでDAZNを観るためにオススメしたいのが、25GBもの大容量が月額わずか2,880円から(音声通話付き)使えるU-mobileMAXプラン

 

大手キャリアと比べても、コスパの差は明らか。25GBもあれば、相当なヘビーユーザーでもない限り、ほぼ使い放題と言ってもいいほど。

DAZNの消費量でいえば、最大40時間程度の視聴ができる計算になります。さすがにこれだけ見られれば、容量が不足することはなさそうですよね。

 

注意点

今回紹介した格安SIMは比較的通信速度に定評のあるサービスを選びました。しかし、それでもランチタイムなどの混雑時の通信速度は、キャリアに比べ明らかに劣ります。

Wi-Fiが完備されている会社も多いので、全く問題ないという方も多いと思いますが、こんなハズじゃなかった!とならないためにも、ある程度こういった事情を理解しておく必要があります。

まとめ

わずか1年で、スポーツ観戦の筆頭と言われるほどにまで急成長したDAZN。

格安SIMでDAZNを利用予定の人は、ぜひ参考にしてみてください。