【全地球人必須!】Amazonプライム会員になるべき14の理由




一年に一度のプライムデーも終わってしまいましたが、みなさんはどんな買い物をしましたか?今回お得に買い物をした人も、そうでない人も、今から次のプライムデーに備えておけば来年はもっと幸せになれるかもしれませんよ。
 

今や生活インフラといってもいいくらい、私たちの生活に欠かせなくなったAmazon。プライムデーに限らず、Amazonをおトクに使うためにはプライム会員は必須!まだプライム会員でないあなたの為に、プライム会員に入るべき10の理由を挙げてみたいと思います。
 

1. 料金が安すぎておトク!

まずは何にしたって気になるのは料金。どんなにすばらしいサービスでも価格が高くちゃあしょうがない。ご安心あれ。気になるプライム会員のお値段…なんと3900円!
えっ?全然安くないって?失礼、言葉足らずでしたね。実はこれ年会費なんです。
だから、ひと月あたり325円の計算。どう、安いでしょ?
 

いや、でもいきなり年間契約はちょっと…自分にとって必要かどうか分かんないし…なんて人も大丈夫。もちろん月額会員もあります。こちらはお値段400円。
年間会員よりは値上がりしますが、長期契約が優遇されるのは世の常。そこはまぁ仕方がない。それでも400円なら十分安いです。

 

どこの馬の骨とも分からないブロガーのnoteが500円だ1,000円だので売ってる時代ですからね。それを考えれば破格なんてもんじゃないです。それにプライム会員は1ヵ月の無料体験もありますから、まずはお試しからで大丈夫。

 

次に気になるのはプライム会員でどんな特典が受けられるかってことですよね?では、順番に解説していきます。

 

2. お急ぎ便が使い放題

ネットショッピングを利用した時に、いつ届くかっていうのも大事な要素。どうしてもこの日までに欲しい!なるべく早く届けてほしい!そんな時ありますよね。そこで頼りになるのがお急ぎ便。お急ぎ便とは最短で当日(対象エリアのみ)、遅くとも翌日にはお届けしてもらえる、せっかちな現代人にはとてもありがたいサービス。

 

僕はよく猫エサを切らしそうになったときにお世話になってます。だけど、便利な分一回あたり360円かかっちゃうのがネック。それにAmazonでの買い物は、2000円未満の購入につき350円の送料がかかるようにもなりました。

 

まぁAmazonの送料無料はもともと一時的なキャンペーンでしたしね。

その他にも

  • お急ぎ便 360円
  • 当日お急ぎ便 514円
  • お届け日の日時指定 360円(当日514円)

は、それぞれ配送オプション料金が発生します。数百円のことですが、積み重なればけっこうな金額。一連のヤマト運輸の騒動もあり、ネットショッピングにおける送料の見直しがより一層せまられていますので、今後は送料の有料化は避けられないものかもしれません。

 

でもね…

 

プライム会員なら、全部無料になります。全部無料です。しかも何回でも。すごくないですか?

 

ということはですよ…月に1回でも配送料がかかる買い物をしているんだったら、それだけでもプライム会員じゃない人はすでに損してるんですよね。

たった一回分で元が取れちゃいますから。

3 .100万曲以上が聴き放題 プライムミュージック

生活に欠かせない音楽だって聴けちゃう。100万曲以上が聴き放題のプライムミュージックもプライム特典のひとつ。100万曲っていわれてもピンとこないかもしれませんが、音楽ストリーミングサービスの中では実はかなり少ないほう。LINEミュージックやSpotifyなんかは4000万曲以上ありますからね。

 

じゃあオマケ程度のしょうもないサービスかといえば、決してそんなことはないです。大切なのは、数じゃなくて聴きたい音楽があるかどうかですしね。

どんなものが聴ける?

サービス開始当初は、海外の作品が充実していましたが、最近は邦楽も出そろってきましたね。さすがに最新の曲は少な目です。それでも今や向かうところ敵なしのBABYMETALのアルバムが聴けちゃったりしますから、押さえるところは押さえてますよ。

 

他にもスピッツやRADWIMPSなどの人気アーティストもラインナップ!

プレイリストが豊富

気分によって選べるプレイリストが充実しているのもありがたいです。

  • 通勤通学中に聴くJ-POP
  • 眠りのためのヒーリング・ミュージック
  • パーティで聴くジャズ

など、気分にあわせたプレイリストをチョイスするのも楽しいですよね。BGMとして流しっぱなし、みたいな使い方がちょうどいいかも。

ダウンロードにも対応

スマホで聴くことが多いと思いますので、通信量が気になる人はダウンロード対応はウレシイですよね。Wi-Fi端末に入れておけば通信量を気にすることなく楽しむことが出来ます!

4. オリジナルコンテンツだって見放題『プライムビデオ』

音楽だけじゃなく動画だって見放題なんです。ドラマに映画、アニメやドキュメンタリーにオリジナルコンテンツまで、ありとあらゆるジャンルの作品が見放題。数多くあるVODサービスと比べて、その料金は破格のひと言。

 

プライム会員が1ヵ月あたり325円なのに対し

  • Hulu  933円
  • Netflix 950円
  • U-NEXT 1980円

安すぎぃ!これ、プライム会員特典のひとつですからね。この値段でさらにプライムビデオでしか観られないオリジナルコンテンツまであるっていうんですから、驚きを通り越してちょっとアマゾンさん大丈夫?と心配にすらなります。

 

プライムビデオおすすめコンテンツ

せっかくなので他のVODで観られないオリジナルコンテンツを紹介。

HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル

—– ドキュメンタルとは —–

10人の芸人たちが、芸人のプライドを賭け、賞金1000万円を競う“密室笑わせ合いサバイバル”

参加者10名、参加費1人100万円、制限時間6時間、同じ部屋に集まった参加者同士が、あの手この手で「笑わせ合う」のがこのゲームの基本ルール。
笑ってしまいレッドカードが出たら即退場。笑いを仕掛け、笑いに耐え、見事、この激しい攻防をくぐり抜け、最後まで残った1人が賞金1000万円を獲得できる。

「フェイス」 サイバー犯罪特捜班

日々、高度化し凶悪化して世界中に拡散・蔓延していく『サイバー犯罪』。その対策として内閣官房が秘密裏に作り上げた特命組織『サイバー犯罪特捜班』通称『フェイス』。主人公は『プロファイラー』として天才的な能力を発揮する結城凜(剛力彩芽)。サイバー犯罪組織と熾烈な銃撃戦を繰り広げる実働部隊リーダー・小笠原拓馬(小西遼生)。天才的なハッカー・太宰修司(松下優也)。『セキュリティ・システム』のプロ・三島キリコ(富永沙織)。得意分野を担当する5人のオペレーター。そしてチームを指揮するのは『サイバー犯罪』に精通した峰岸周五郎(村上弘明)。このドラマは凶悪なサイバー犯罪者と『フェイス』の生と死を賭けた激烈な闘いの物語である。

5. 容量無制限プライムフォト

スマホの普及で写真がより身近なものになったんだけど、手軽な分増えすぎた写真の管理に頭を悩ますことも。でもプライム会員なら大丈夫!プライムフォトはオンライン上に写真を保存するクラウドサービス。写真なら容量無制限、動画ファイルなら5GBまで保存することができます。

保存容量は無制限

上記の通り、保存容量は無制限。ガンガン写真を撮ってたら、スマホやタブレットの容量なんてあっという間にパンパンになっちゃいますからね。容量無制限だから、気にせずどんどんアップして、スマホの中身もスッキリさせちゃいましょう。

 

またたくさん写真を撮って、アップしての無限ループですが、想い出はたくさんあったほうがイイ!もしスマホをなくしたりなんかしても、写真はクラウドに残るから安心だよ。

画質は劣化なしのRAWファイルまで対応

保存もデータ無圧縮だから、きれいな画質のまま残しておくことができます。他のフォトクラウドサービスだと、無圧縮の場合は容量制限があるところがほとんどですから、これはありがたい。

 

しかもRAWファイルにも対応。一眼レフで写真を撮るこだわり派の人にも、もってこいのサービス!

6. プライム会員はタイムセールに先行参加

Amazonのタイムセールにプライム会員なら30分まえから参加できちゃう。一年に一度のプライムデーだって例外じゃありません。お目当てのものも売り切れる前にいち早く手にするチャンス!

7. kindle端末がいつでも4000円OFF!

今や電子書籍といえばkindle。その中でも読書好きにオススメなのがkindlePaperwhite。スマホかタブレットでいいじゃん!と思うかもしれませんが、活字の読みやすさが段違い。電子インクという特殊な技術が使われているため、まるで紙の本を読んでいるかのような感覚に。

 

紙と同様に目の負担も少なく、明るいところでのディスプレイの反射が抑えられているため、タブレットやスマホで読むよりも快適に読書ができるような工夫が施されています。そのkindle端末がいつでも4,000円引きで買えちゃうって言うんだから、驚き。

 

年会費は実質タダみたいなもんだよね。

もちろんFireタブレットだって4000円OFF!

kindlePaperwhiteが読書に最適だとオススメしましたが、実は漫画に関してはタブレットのほうが読みやすかったりして。その中でも特にオススメのFireタブレットは、文句なく圧倒的コスパモンスターの『Fire HD 8 』。8インチディスプレイにDolbyオーディオのステレオスピーカー搭載。

 

これ一台で、ビデオに音楽、読書にネットまでストレスなしでこなせる究極のエンタメマシン。それがプライム会員なら4,000円引きの7,980円で買えちゃうっていうんだから。正直言ってこの値段は異常。コスパとかそういうレベルを超越してますって。

 

もうね、一家に一台レベルでマスト。

 

8. kindle本が1冊もらえるオーナーズライブラリーがお得

さらにKindle端末を持っている人なら、1ヵ月に1冊Kindle本が無料で貰えちゃいます。もう意味わかんないですよね。むしろ何でもらえるの?これだけで元が取れちゃうじゃないですか。だってこれ月額325円のサービスですよ。逆に怪しくなってくるレベル。

9. Amazonフレッシュ

生鮮食品や専門店グルメから日用品まで、必要なものをまとめてお届け。配送は8時から深夜0時まで。(対象エリアのみ)

ついにAmazonは生鮮食品まで取り扱うようになりました。Amazonフレッシュとは新鮮な生鮮食品が最短4時間で家に届くサービス。今はまだ対象エリアが東京都の一部にとどまっていますが、順次拡大予定なので今後に期待。

10. Amazonパントリー

Amazonパントリーは、食品・日用品など毎日使うものを必要な分だけお買い求めいただける、Amazonプライム会員向けのサービスです。

思いがけず切らしてしまった日用品を買いに行くのって、意外と面倒なんですよね。Amazonパントリーならいつでも1箱あたり290円でまとめてお届けしてくれる、プライム限定サービス。パントリーBoxという入れ物が100%になるまで商品を詰め込むことができます。

 

290円の手数料も「手数料分290円OFF」キャンペーンを実施していることもありますので、お得に利用したいところ。

11.Amazonファミリー

おむつとおしりふきがいつでも15%OFFになるAmazonファミリー。もちろん予想通りの配送料もいつでも無料。一押しの紙おむつはそこらのドラッグストアにも負けない価格。

定期的に行われるファミリー会員限定セールも

表示価格から20%oOFFなんてものや、クーポンで最大1,000円OFFなんてものまである、お買い得商品が多数。パパとママはうれしいよお。しかも年間登録で3,900円分のクーポンがもらえるっていう、もうちょっとよく分からない異次元レベルでのサービス。

 

3,900円の年会費で3,900円分のクーポンがもらえるって商売として成り立ってるのか、根本的なとこから疑問にさえなってくる。

12. 今やその数100種類を突破『Amazon Dash Button』

専用の端末をワンプッシュするだけで、商品が届く画期的なサービス『Amazon Dash Button』もプライム専用サービス。その数はサービス開始当初より増え続け、すでに100種類オーバー。使い方は、カンタン。希望する商品の専用端末『Dash Button』を購入。

 

すでに注文情報や住所などは端末に紐づけられているので、ボタンを押すだけで商品が届くという、分かったような分からないような、なんとも不思議な注文方法。

端末代は500円なんだけど、初回注文時に500円が差し引かれるという謎仕様。ようするに端末代はタダってことですね。

13. 定期便がさらにお得な最大15%OFF

ただでさえ最大10%引きでお得な定期便。それがプライム会員なら最大15%オフになるっていうんだから、これでもプライム会員にならないヤツはもう意味わかんない。なんかあるでしょ。定期的に買うもんが。

14. Amazonスチューデント(大学生・専門学生限定)

AmazonStudentはその名の通り学生用プラン。学生といっても大学生・専門学生限定なので、中高生の人はもうちょっと大きくなってからね。対象は、日本国内にある大学、大学院、短期大学、専門学校、高等専門学校の学生。

6カ月の無料体験があって、さらに年会費はもともと安いうえにさらに安くなるダブルバリューの1,900円 (一月あたり159円)。

 

って、学生優遇されすぎ!いいなぁー、ウラヤマシイなぁー。おっさんは、入れないもんなぁ。

 

しかもね、受けられる特典は、無料期間中はプライムビデオ、プライムミュージック、Kindleオーナーライブラリーは除外されるけれど、それ以外の特典は通常のプライム会員と一緒なんだって。

AmazonStudentの特典はこんな感じ

  • お急ぎ便使い放題
  • 本 +10%ポイント還元
  • 映画やTV番組が見放題 *有料会員限定
  • 100万曲以上が聴き放題 *有料会員限定
  • タイムセールに30分早く参加
  • 好きなだけ写真を保存可能
  • 1時間で届く Prime Now
  • Kindle本が毎月1冊無料 *有料会員限定
  • Amazonパントリー
  • Amazon Mastercardで+2%
  • 買取金額10%UP

さらにAmazon Student限定セールまであるっていうんだから。日本の学生。ちょっと恵まれすぎじゃあないか?

まとめ

ここまで読んでいただけた方ならお分かりだと思いますが、もうプライム会員は単純に入らなきゃ損。そういったレベルのサービスなんですよね。元が取れる所が多すぎて、結局、オトクにしかなっていです。

 

Amazonはいったいどこで利益を出しているんでしょうか?確かなことは、Yahooプレミアム会員にお金払うくらいなら、絶対にプライム会員を圧倒的にオススメだと言うこと。オトク度が段違い。

 

Yahooさん、ゴメン。でも事実だから!正しいことを伝えるのがブロガーの使命だから!

 

ってことで、まずは一カ月無料体験がありますので、ぜひこの地球上最大規模のオトクを体験してみてはいかがでしょうか?

 

Amazonプライム会員|無料体験はこちらから

では。