auの新料金『au ピタットプラン』と『au フラットプラン』はほんとにおトク?格安SIMとの比較も

先日のエントリーでもお伝えした通り、auが新たな料金値下げプランを発表しました。

格安SIMへの乗り換えを考えていたユーザーは、auに残ったほうがお得なのか、それとも格安SIMに乗り換えたほうが良いのか悩んでしまうかもしれません。

そこで今回のプランでどの程度安くなるのか、どういった人が恩恵を受けることができるのか解説していきたいと思います。


新プランの詳細

auは新たな2つの料金体系『au ピタットプラン』と『au フラットプラン』を発表しました。

新プランでは、従来の『高すぎる』といわれる通信料金を見直し、実質的な値下げになる模様です。

プラン刷新の狙いは格安SIMへの流出に歯止めをかけること。

シニアや学生向けなどの限定的なものではなく、大半のユーザーが対象になるとのことで、新プランは7月14日より順次受付を開始します。

新プラン導入で格安SIMへの流出を防ぐことができるのか、キャリアの本気度がどんなものか、なかなか興味深いものがあります。

でも、最近はユーザー側も簡単にだまされなくなっていますよ。
すでにほとんどの人が、”キャリアのやる事には裏がある”ってことに気付いちゃってますけど大丈夫ですか?

ほんとに安くなるのauさん?

見せてもらいましょう、キャリアの本気ってやつを。

従来の料金プランのおさらい

まずは従来の料金プランの確認を。

カケホプラン(2,700円)+5GB(5,000円)+ネット接続料(300円)=8,000円(税抜)

スーパーカケホ(1,700円)+5GB(5,000円)+ネット接続料(300円)=7,000円(税抜)

いわずもがなで、高いです。

新プランによりどのくらい安くなるんでしょうか?

まずは新プランの仕組みをチェック!

auピタットプラン、auフラットプランは3つの通話オプションから選択

新プランは従来のプランでは選ぶことができなかった、シンプルプラン(通話料の従量制)が選べるように。

  • シンプルプラン    ⇒  20円/30秒の通話料が発生する従量制
  • スーパーカケホ    ⇒  1回当たり5分までの通話がかけ放題
  • カケホ        ⇒  時間、回数ともに無制限のかけ放題

おっ!これはいいんじゃないですか?
ってもともとあったものを復活させただけで、何も驚くことじゃないよね。

パワプロかよ。

なんか悪い予感してきた…

au ピタットプランを解説

『au ピタットプラン』は毎月のデータ利用量が一定じゃないユーザーに向けたプランなんだって!

その月の使い方によって、2GBで済むこともあれば、たくさん動画を観た月は5GBでも足りないことってあるよね!

そんな『ちょうどいいプランがない』といった声に応えたものらしいよ!

今までは契約したプラン内の容量でやりくりする必要があったけど、『au ピタットプラン』は使用したデータ量に合わせて自動的に5段階の定額プランが適用されるんだって!

気付かずに容量オーバーして、あっという間に高くなっちゃっても自己責任だからね!

※『au ピタットプラン』料金イメージ

すみません。もうちょっとやる気だします。

au ピタットプランの料金は?

こんな感じ。

 シンプルスーパーカケホカケホ
データ容量料金料金料金
~1GB2,980円3,480円4,480円
~2GB3,980円4,480円5,480円
~3GB4,980円5,480円6,480円
~5GB5,980円6,480円7,480円
~20GB6,980円7,480円8,480円

同条件で比較した場合、従来プランが8,000円(税抜)に対し、『auピッタリプラン』は7,480円(税抜)。確かに520円ほど安くなるようです。

えっ?あんまり変わんない…

au フラットプランの解説

データ通信量をたくさん使うユーザー向けのプラン。
「au フラットプラン20」か「au フラットプラン30」どちらかから選ぶことができます。

auフラットプランは完全なデータ定額なので、利用量によって金額が変わることはないです。
3つの音声通話プラン(シンプル、スーパーカケホ、カケホ)により、月額料金が変わります。

au フラットプランの料金は?

こんな感じ。

 シンプルスーパーカケホカケホ
データ容量料金料金料金
20GB6,000円6,500円7,500円
30GB8,000円8,500円9,500円

従来プランで20GBは9,000円。『auフラットプラン』の場合は7,500円なので、1,500円ほど安くなります。

確かに大容量プランに関しては値下げがされたと言えそうな金額。

まぁでもこんな大容量プランなんて一般ユーザーにはあんまり関係ないよね。

キャンペーンの適用で割引が受けられる

大して安くなってないじゃないか!と思ったアナタ。

キャリアへの不信感をあらわにしたアナタ!

実は本題はここから!ここからが新プランの肝心なところ!

これから紹介する2つのキャンペーンを受けることで、上記の金額よりもオトクに利用できるようになるんです!

みて!みて!

auスマートバリュー

じゃん!

auスマートバリューの加入で、1GB、2GBまでのプランは500円/月、3GB以上のプランは1,000円/月が毎月の利用料から割引されます。

す、すげぇau。

ビッグニュースキャンペーン

ビッグニュースキャンペーンとは、今回の新プラン導入に伴うキャンペーン。

ビッグニュースキャンペーン

期間中、機種変更・新規契約(他社からお乗りかえ含む)と同時に「auピタットプラン」もしくは「auフラットプラン」にお申し込みいただくと、翌月から1年間毎月1,000円割引致します。受付期間:2017年7月14日(金)~2017年12月31日(日)

ビッグニュースキャンペーンの適用で毎月の利用料金から1年間1,000円の割引が受けられるます!

やっぱすげぇau!

ほとんどの人が対象外になるところをピンポイントでみつけてくる!

しかもiPhone対象外!なかなかできることじゃぁないでっせ。

(んっ?今回のプラン、誰にメリットがあるんだ?)

やっぱりな落とし穴

突然ですが、残念なお知らせがあります。

大方の予想通り新プランを利用することで、あきらかなデメリットが発生することが判明しました。

うん、キャリアが無条件で安くするわけないですよねー。

新プランを選択すると毎月割がなくなる

もう一度言います。新プランを選択すると毎月割がなくなります。

新プランにするやつは毎月割ナシな!ってこと。さすが悪名高い3大キャリアの一角。期待を裏切りません。

毎月割なくなるならヤバイんじゃないの?

そう思ったアナタ!非常にするどい!

しかしau側もさすがにその辺りにはテコ入れしてきましたよっと。

auなめんなよ!

アップグレードプログラムEX

毎月割が適用されなくなっても大丈夫!

アップグレードプログラムEXを利用すればオトクにスマホが買えちゃうんだから。

アップグレードプログラムEXの特徴をまとめると

  • 月額390円
  • 通常24回の分割払いを48回に延長し、毎月の支払額を軽減
  • 24ヶ月経過後、新しい機種に変更することで、残金の支払いがなくなる
  • 新機種に乗り換え後は旧端末は返却の必要がある
  • 機種変後はアップグレードプログラムEXに再加入

あれ?

メリットよりも圧倒的にデメリットのほうが多くないですか?

だって機種変したら使ってた端末は返却しなくちゃいけないんですよね。
それってただのリースなんじゃ…

機種変後もまた、毎月390円払い続けなきゃいけないんですか?

しかも2年縛りと違うタイミングで機種変したら、乗り換えのタイミングを失う無限ループじゃないですか。

いやいや、そこはau様と添い遂げる覚悟ってことですか?

でもほとんどの人がおトクになるんじゃないの?

そうやってauのエライ人が自信満々に言ってたよ!

なんて純粋無垢な人には、現実の厳しさを教えてあげますよ。

ます今回のプランでおトクになる為の条件は、auスマートバリューとビッグニュースキャンペーンをフルに適用すること。

はい、この時点で大半の人が割引の対象になるってのはダウト

しーかーもー

毎月の利用料から1,000円の割引が受けられるビッグニュースキャンペーンは1年間だけ。
公式サイトにデカデカと表示されている金額は、1年間しかその金額で利用できません。

しーかーもー

ビッグニュースキャンペーンの適用条件は、Androidスマホに機種変更した人か、新規契約(他社からの乗り換え含む)の人のみですって。新規、MNP、機種変でiPhoneにするひとは対象外。

しーかーもー

旧プランではテザリングオプションが無料だけど、新プランではテザリング料金500円が発生しちゃうんだって!

新プランがオトクなのか要点をまとめると

毎月割は適用外に

新プランを契約することで、毎月割の適用から外されることになります。

端末の支払いが終わっていない人は、新プランに変えることで逆に月額料金が高くなってしまう可能性も。

例えば、iPhone7の毎月割は2,850円なので、毎月2,850円が利用料金から割り引かれています。

キャンペーン適用でも、安くなる金額は平均で1,500円程度。

毎月割がなくなってしまえば、結局そのぶん割高になるんじゃないの?

auさん。

うむ。

ビッグニュースキャンペーンは最初の1年だけ

デカデカと公式サイトに表示されている金額は1年間しか適用されません。

1980円でスマホが持てる!みたいに書いてありますが、それは1GBの話だし、通話料は従量制だし、1年間だけだしで、ツッコむところしかないです。

しかも、適用条件はAndroidスマホに機種変更した人か、新規契約(他社からの乗り換え含む)の人のみ。

iPhoneへの機種変更や、他社からの乗り換えでのiPhoneの新規購入はビッグニュースキャンペーンの適用外です。

iPhoneはなにがなんでも対象外ですって!

なんて仕打ち。

プラン変更がしづらくなる

7月14日の申し込み以降、端末を購入し「auピタットプラン』『auフラットプラン」へのプラン変更をした場合は、2018年2月以降は他のプランへの変更ができません。

んっ?

何それ?

さらにプランの変更が可能なのは、次に機種変更した時だけらしいっすよ

どいひー。

格安SIMと比較してみる

じゃあ、仮にだよ、仮にauが安くなったってことにして、格安SIMに比べてどうなのよ?ってとこも一応知っておきたいじゃない?(比べる前から分かってるとは言わない)

だから念のため、一般的に利用者の多い3GBと5GBを2年間使った場合で比較してみましょうかね。

楽天モバイルの場合

  • 3GB 1600円×24ヶ月=38,400円
  • 5GB 2150円×24ヶ月=51,600円

auピタットプラン(シンプル)適用時

  • 3GB 4,980円×24ヶ月=119,520円
  • 5GB 5,980円×24ヶ月=143,250円

2年間使った場合の差額は

3GBの場合は約8万円、5GBの場合は約9万円分格安SIMの方が安いです。

はい、もう比べるまでもありません。

うん、まぁいつものやり口

確かに2割程度は安くすることができないこともないような、あるような、ないような気もんするですか、かなりいろいろな条件があり、対象も限定的。

結局、いつものキャリアのやり口だなと。

安くなりまーす(実は安くなりません!)ってパターン

auが謳っているような価格で利用する為には

「誰でも割」+「ビッグニュースキャンペーン」+「auスマートバリュー」

すべての条件を満たす必要があるんですが、一体何%の人がそれに該当するのかってこと。

あたかも利用者全体が安くなるように宣伝しておいてこのザマですからね。

ただただ分かりにくい。

公式サイト見てみてください。

注釈だらけで、よく分かりません。

この記事を書くのにも、何度読み返したか分かりません。正直それでもよく分からないですけどね。

もうね、生命保険並みの複雑怪奇さ。

ユーザーが求めているのは、単純に従来のプランを値下げしてくれればいいだけ。

だけどそうじゃなくて、なんだかんだと条件や制限をつけて、結局いくらになるのか、誰か得になるのかさっぱり分からない。

オトクか?と言われれば、いつものキャリアのやり口でしたってだけのこと。

こんな茶番に付き合ってる暇があるんなら、とっとと格安SIMにしたほうがよっぽど幸せになれるってことはハッキリしましたね。

auありがとう!

あわせて読みたい

あ、あとこれからiPhoneを買う人はお呼びじゃないそうなんで。

だってキャリア様がそう言ってるんだもの。

おすすめ関連記事

まだ8,000円も払ってるの?スマホ料金をスリム化する”格安SIM”のススメ

【格安SIM】楽天モバイルへMNPした結果、年間7万円の節約に成功