Eマウントの名脇役selp1650レビュー

今までいくつものレンズを売ったり買ったりしてきたのですが、何故かselp1650に関しては一度も手放すことなくずっと手元に残しています。

最近では、結局最後はこういうレンズに落ち着くのかもしれないな、なんていう境地にすらなっています。

ということで、selp1650についてのレビューや感想を綴っていきたいと思います。

selp1650は本当にポンコツレンズなのか?

本レンズはnexシリーズからα5000,6000系のキットレンズとして永らく君臨し、その期待はずれの性能から悪評の名を欲しいままにしてきました(現在進行形)。

その原因のほぼすべてが、”解像しない”という一点に集約しているわけなのですが、まあ確かに光学的に見れば間違いなくダメレンズなのでしょう。四隅の画質なんて流れっぱなしだし、周辺だって絞ってやっとそこそこ。

しかしどんな道具にも役割があるように、そもそもがselp1650がeマウントにおける画質面を担う役目を負っていないというだけであって、本来このレンズの評価軸はそこではないような気がしています。

一点特化型レンズ

洋ゲーのいわゆるプロローグ一番最初の場面で、与えられたスキルポイントを振り分けるシステムってありますよね。スカリムとかフォールアウトみたいなやつ。

そこでスキルを均等に振り分けるのか、ある一点に特化して振り分けるのかによって、今後のキャラクターの育成方針をある程度定めていくことになるわけです。

レンズの性質もそれに近いものがあって、重くて大きいけれど開放F値が明るいレンズとか、安価で写りはそこそこでも高倍率だとか、レンズの特色を何に振り分けるかによって、性能、価格、重量が異なり結果的にそれがレンズの個性になっていきます。

その性質になぞらえて考えるならばselp1650は『小型・軽量』による携帯性にポイントを全振りした一点特化型のレンズ。

だから槍玉に挙げられる画質については、もうこれは仕方がない。この際器用貧乏になるよりも一点に振り切った潔さを認めてあげたい。

小さく軽いはひとつのスペック

そしてこの『小型・軽量』というのは、カメラを長く続けるほどそのありがたさを感じる場面が多くなります。

高性能なカメラとレンズ(そういうのはだいたい大きく重たい)を手にしたときには『撮るぞ!』という気持ちが高まるのも確かですが、いつだって肩肘張るような大きな機材を持つことに疲れてしまうような時もあります。

レンズ交換式カメラを買ったはいいものの、すぐに押し入れし行きなんていう悲劇はカメラあるあるで、その主な理由は重さだったり大きさだったりの”持ち出すハードルの高さ”に起因することがほとんどではないでしょうか。

そこにきてselp1650との組み合わせ(自分はα6000)なら、小さなボディバッグ程度にだって収納できる携帯性の良さ。

デジカメのように扱える手軽さというのは写真撮影においてとても大きなメリットで、とりあえず持っていくという選択ができることは、長い目で見た時に残せる写真の数に結構な差がでてきます。

持っておくことが保険になる第2ゴールキーパーみたいな安心感、そこにあることがすでに性能のひとつみたいな、selp1650はそういった存在のレンズ。

そして、それはスペック表には現れない大事な性能のひとつなんだと思います。

詰め込まれた使いやすさ

ではselp1650の利点が小型・軽量だけかと言えばそんなことはなくて、他にも

  • 高速なAF
  • 換算24〜75mmの焦点域
  • パワーズーム付

という、キットレンズに相応しい使い勝手に優れた仕様になっています。キットレンズはパッケージングの性質上カメラをはじめた人が最初に触れる事が多いレンズなので、だからこそよく写ること以上に取り回しの良さ、使いやすさがすごく重要。

ストレスを感じさせないAF速度に、普段使いに不足ない24mm〜75mmという焦点距離。操作感に賛否はあれど、スムーズなズーミングで動画撮影にも役立つパワーズームなど、日常での使いやすさを詰め込んだ上、負担にならない大きさ、重さに抑えたバランスは何気にすごいことですよね。

これらのことを踏まえると、selp1650がダメレンズと決めつけられのは少々可哀そうな気もしてきます。

悪くない中心画質

最後に散々酷評される画質について触れておくと、実は中心部分に関して言えば思いの外よく写るんですよね。

自分は子どもを撮ることがほとんどで、多くの場合が日の丸構図。なので中心がしっかり写っていればそれなりに見れる絵にはなります。だからなのか周辺がだとか四隅がだとかは、個人的にはあまり気になりません。

そもそもが自分の中でそういうのを求めるレンズではない、っていうのもありますが。

もちろんカメラを本格的な趣味とする人とって物足りないというのも頷けますが、そこは「レンズ買ってね」ってことでしょうし、少なくともスマホよりも綺麗な画質でっていう要望には十分応えるくらいの性能はしっかりあります。

まあ、このサイズ感です。隅から隅までなんて贅沢を言ってはいけませんよね。Strengthに全振りしたらIntelligenceはからっぽなやつができあがりるのはやむ無し。

まとめ|sel1650はEマウントの名脇役

カメラを買えばセットでついてくるキットレンズは入門的な位置づけで見られることが多くて、実際の存在意義以上に不当な扱いを受けがち。

確かに単焦点の写りは格別ですし、他の標準ズームの写りは明らかにワンランク上のものなのですが、誰もが高価なレンズを買うわけでもなければ、等倍鑑賞が世間の当たり前でもないわけです。

軽くて小さくて、おまけに電動ズーム仕様。換算24mm〜75mmをカバーして画質だって中心部分は悪くない。

sel1650は一級品の仕事をする訳じゃないし目立たないけどいつでも身近にあって、写真を撮ることのスタートラインに立たせてくれるEマウントの名脇役だと思ってます。

こういうレンズの良さって、もう少し伝わって欲しいなあと常々思ってるんですよね。世の中のだいたい事は捉え方次第ですしね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です