Fire HDタブレットで快適なブログ環境を構築する方法【wordpress】




みなさん、こんにちは。

羊の皮をかぶった羊です。

タブレットで快適なブログ更新を実現するため、『新型FireHD10』を購入し実際に作業環境を構築してみました。

結果的には、かなり快適にブログを書くことができ満足していますので、そのための環境づくりや揃えたアイテムなどを紹介して行きたいと思います。同じようにタブレットでのブログ更新を考えている方に情報を共有し、お役に立てていただけたら幸いです。

なお当ブログはwordpressで運営していますので、他のブログサービスでの快適性を保証するものではありません。

なぜタブレットでブログを書くのか?

photo-1507915600431-5292809c5ab7-1024x683.jpg
そもそも、なぜわざわざタブレットでブログを書く必要があるのか?ということに関して。

ノートPCのほうがいいんじゃねぇの?って意見、ごもっとも。

ごもっともではあるんですけれで、まぁちょっと聞いてやってください。

現在このブログを書く環境としてはメインのデスクトップPCがあり、全ての作業をそのパソコンから行っています。結構ハイスペックなやつなので、パワー不足だとか不満があるからのタブレットの導入ではないんですよね。

で、何が問題なのかといいますと、そのパソコンのある場所がリビングから登った先のロフトにあるということ。せっせとブログの執筆にいそしんでいる最中だろうと、家族からのお呼びがかかれば作業を中断し、ハシゴを降りたり登ったり繰り返すはめに。これが地味に効いてくる。

目的はサブとしての使い分け

有り体に言えばまぁそれが少し面倒になってきてしまったということ。そこでロフト以外で使用するサブの端末があれば、よりブログ更新が捗るんじゃないかと目論んだわけです。

画像の編集やヘビーな作業なんかはデスクトップのPCで行うとして、ブログの主である文章の入力が手軽にできる環境を構築したくなってきてしまい抑えきれなくなった次第であります。

これは何も自分に限った話ではなく、シチュエーションによってメインとサブの使い分けを考える方も多いんじゃないでしょうか?

その際にこういった選択肢もあるという、ひとつの事例として頭の片隅にでも置いていただけたらいつの日か役つ立つ時がくるかもしれません。来ないかもしれないけど…。

ノートPCじゃない理由は?

で肝心のノートPCではない理由ですね。

このエントリーのタイトルにあるとおり、僕がサブの端末に選んだのはタブレットでありノートPCではありません。

実は当初の予定ではノートPCを購入するつもりでしたよ。そりゃ当然。サブでの使用を想定した場合、持ち運びが容易なモバイルノートなんかが候補の筆頭にあがるのが普通だと思いますし、むしろベターな選択なんじゃないかと考えたからです。

正直、ブログ更新にスマホとかタブレットなんて非効率的過ぎるとも考えている節もありましたからね。あくまで緊急用程度って認識。WordPressにはスマホ・タブレット用アプリもありますが、キーボードなしでの長文打ちをするほどの根性を持ち合わせていませんでしたから。

そのためいくらメインのPCがあるとはいえ、ブログ更新においてタブレットを利用するという選択肢はちょっと考えづらいもの。

目をつけていたのはこのノートPC。

 
Pentiumを搭載しRAMは4GBと、ブログの更新には必要十分な性能。ディスプレイも11.6インチとちょうどいいし、なにより気に入ったのが比較的安価(5万円以下)であるにも関わらずSSDが搭載されているところ。

で、なぜノートPCではなくタブレットをサブの端末に選んだのかといいますと

安かったから

これに尽きます。なんか、すみません。でも価格って大事なとこでしょ?

だってあくまでサブだし、ブログの更新に割り切ってるし。そもそもが貧乏サラリーマンだし…。

FireHD10がクーポンで激安価格

そう安かったんです。だってAmazonで発売されたばかりの『新型FireHD10』がクーポン利用で6900円オフなんていう、ちょっとよく分かんない価格でバラ撒かれていることを目にしてしまったんですから。

クーポン適用でそのお値段…

約12000円

(現在は終了。プライム会員なら常時4000円オフ)。

買うしかないよね。細かいことは後で考えればいいし。というわけで、なんて何ら具体的なプランも持たないままカートへ追加。

関連記事:Fire HD10がNewモデルに進化|発売日、価格、スペックは?

 
作業環境はなんとかなるはず…と完全に見切り発車での決断だったのですが、結果的にはタブレットでのブログ更新は大正解。このあと詳しく述べさせてもらいますが、いい意味で期待を裏切る『タブレットだからこそのメリット』を実感することができました。

ただ、それらの環境を作るためには、ある程度の準備が必要なことも付け加えておきたいと思います。

続いてそのあたりのことなんかを具体的に。

ではやっと本題へ。

快適なブログ執筆環境の為に準備するアイテム

もちろんタブレット単体では、本来の目的である快適なブログの更新などできようはずもありません。

安物買いの銭失いにならないためにも、しっかりと足りない部分を補うだけのアイテムをそろえる必要があります。それにより、たとえタブレットであってもノートPCと遜色ない使い心地を安価な価格で実現することができてしまうわけです。

もちろんFireHDタブレットでなくとも普通のAndroidタブレットでも何の問題もありません。むしろその方がこの後紹介する手間がないためよりスマートともいえますね。もちろんFireHDはコスパ最強ですから、多少の手間を惜しまないのであればオススメしたい気持ちはありますが。

ただし、iOSを搭載したiPadなどは基本マウスを使うことができません(脱獄すれば使えるらしいですが)ので、対象外です。あしからず。

で、差しあたって必要なものは

  • Bluetoothキーボード
  • Bluetoothマウス

この2つ。

当然ですが、無線をチョイス。ここはスマートにいきましょう。

まずはマウス選びから。

マウス

マウスは安さ重視でLogicoolのBluetoothマウスを購入。とは言っても、特に感想がないくらいには問題なく使えています。

これによりマウスポインターが表示されるようになりますので、PCと同じようにポインターを使った操作が可能になります。

キーボード

続いてキーボード選び。

長文を打つブログ更新においてタブレットでの快適な使用にキーボードは必須アイテム。ソフトウェアキーボードでの長文打ちなんてストレス以外の何物でもありません。

多種多様なキーボードが出ているなか、目を付けたのがこちらの商品。

 
この商品、なんと便利なことにタブレットを立てかける溝がついています。こんな便利なものがあるんですね。いざタブレットをカートにいれてから知りました。

溝は10インチまでのサイズに対応

およそ10インチまでのサイズに対応。FireHD10タブレットは10.1インチなのですが問題なく使用することができました。これによりノートパソコンライクな使い方ができるようになりましたね。

IMG_6380-1

ほぼノートPC

 左上についているスイッチで3つまでデバイスを登録し切り替えることができるので、タブレットを縦置きすれば横にスマホを並べて利用することも可。

3つまでデバイスを登録できる

これがかなり便利で、ブログの更新をしながらLINEの返信なんかがサクっとできるため同時作業がはかどります。

IMG_6372

縦置きならスマホと並べることも

タイピングもメインのデスクトップPCと比較して、なんら違和感なく打つことができています。打鍵感って言うんですか?よく分かんないですけど(キーボードにあまりこだわりがないもんで)、個人的な使用感としては快適そのものですね。
 
あとは保護フィルムですかね。なんでも良かったんですが、なんとなくガラスフィルムを選びました。

 
ノングレアならこちらもおすすめです。

FireHD10の設定

必要なものが揃ったところで、続いてタブレットの設定。

FireHDタブレットはAndroidOSではなく独自のFireOSを採用しています。そのためアプリはAmazonアプリストアで提供されているものしか利用することができません。ネットや動画を見たり、Amazonサービスを利用するのには十分ですが、ブログの更新を快適に行うためのアプリは不足気味。

ということでGooglePlayの導入が必須になります。

GooglePlayの導入

GooglePlayを導入することで、GooglePlayストアからアプリをインストールすることができるようになります。これによりほぼAndroidタブレットとして機能させることができます。

導入に関しましては、こちらの記事を参考にしました。

【2017年版最新 Amazon Fire HD 10】たったの3分でGoogle Play ストアーをインストールする方法!

※GooglePlayの導入に関しては動作保証外になりますので自己責任でお願いします。

キーボードをPCと同じキー設定に

続いてキーボードの設定。

FireOSはAndroidベースですので、キーボードの役割がPCのそれとは異なります。例えば半角/全角の切り替えはAndroidの場合はctrl+spaceキー。やはりメインPCとの操作感は統一しておきたいところ。

そこでインストールするのがこちらのアプリ。

ELECOM Keyboard layout

ELECOM Keyboard layout
開発元:ELECOM CO.,LTD.
無料
posted with アプリーチ

 
このアプリを導入することで、キーボードに印字されている通りに文字入力することができるようになります。

■ 設定方法

  • キーボードとFireHD10をペアリング
  • 言語と入力を選択
  • 物理キーボードのところに表示されるkeyboard K480を選択
  • キーボードレイアウトで『エレコムキーボード レイアウト』にチェックを入れる

 
以上で完了です。

これでPCと同じ操作感でキーボードを打つことができるように。

あとは定番のGoogle日本語入力もインストール。こちらは必須というわけでありませんので、お好きな入力アプリを使ってください。

Google 日本語入力

Google 日本語入力
開発元:Google LLC
無料
posted with アプリーチ

 
以上でタブレットの準備は完了です。

実際にタブレットで更新してみた感想

実際にタブレットでの更新をしてみてどうだったのかと言うと……想像以上に快適です。

正直言ってメインのPCありきでの話なら、個人的にはサブ端末にはノートPCではなくタブレットの方がいいんじゃないかと思うほどです。

ってことで、具体的な良し悪しを。

良かったところ

安い

まず何よりも安い。これは割と大きな理由です。サブに割り切った使い方でその目的を果たすことができるのなら、無駄に高いお金を払う必要はありませんからね。

今回の環境を構築するためにかかった費用は

合計18955円。

クーポンでの割引が大きかったということはあるにせよ、すべてコミコミで上記ノートPCの半額以下に抑えることができています。

プライム会員であれば常時4000円オフで購入することができますので、それでも20000円強の出費でこれだけの環境が揃うのはひと昔前なら考えられないことです。

表示領域が広い

FireHD10タブレットは新型へのリニューアルに伴い、ディスプレイは1920×1200とフルHDを超える解像度へパワーアップしています。最初に候補にあがったDELLのノートPCはディスプレイサイズこそ11.6インチと一回り大きいのですが、解像度は1366×768という一般的なもの。

このためFireHD10タブレットは解像度が高い分、一度に表示される情報量が多いため作業効率が高まります。これはあきらかに先ほどのノートPCよりも優れている部分ですね。

特にその差が顕著になるのは、タブレットを縦置きで配置した時。基本的にWebサイトは縦方向に流れるレイアウトになっていますので、タブレットを縦置きにすることでより多くの情報を表示することができます。

ちなみに1366×786のディスプレイでの表示領域はこんな感じ。

FireShot Capture 36 - Edit Post ‹ spc_ - https___wordpress.com_post_panorama-island-tsushin.com_6729

1366×768のノートPC表示領域

 
続いて、FireHD10を縦置きした場合の表示領域。

FiraHD10を縦置きした場合の表示領域

一目瞭然ですね。

解像度の高さと相まってWebページ全体の視認性があがり、ブログ執筆時の全体像の把握のしやすさは格段に上がりました。

タッチパネルとの併用が快適

タッチパネルも、使ってみてその便利さが際立ちます。特に任意の場所を指定する時なんかは、マウスのポインターを動かすよりもタッチパネルで指定してやったほうが早く非常に快適です。

10インチなら画面が広いので誤タッチもなく、割りと思ったとおりの所をスムーズに指定することができることもあり、ポインターとタッチを併用することで、より効率のいい作業が行えるように。

心配していた文章の切り取りや範囲指定なんかもストレスなく行えるのはウレシイ誤算です。

小さな充電器

一般的なノートPCを充電するためには、大きなアダプターがついていることがほとんど。

ですが、タブレットならほぼスマホと変わらないような充電器なサイズですので、持ち運びの際にもかさばりません。なんならスマホと共通で使うこともできますし、モバイルバッテリーを使うこともできます。

携帯性といいう部分だけを考えても、かなりのアドバンテージあることがわかります。持ち出したときのバッテリー切れの心理的なハードルも格段に軽減されます。

イマイチなところ

正直、すべて想定済みのことですので大きなマイナスポイントはないのですが、あえて不便だと思うところもピックアップしてみました。

・ファイルへのアクセスはやや煩雑

ファイルへのアクセスの快適性はやはりPCに一歩譲ります。移動やコピーのことですね。

まだ操作体系に慣れていないということもありますが、直感的にさくさくとやり取りするというほどは洗練されていません。

・画像編集はPCが圧倒的

画像編集に関してもやはりPCが圧倒的。アプリで対応することもできますが、あくまで簡易的な範囲に限っての話ですので本格的な作業は望むべくもありません。

ただ、簡単なアイキャッチくらいであればサクっと編集するこはできますので、そのあたりはケースバイケースってところでしょうか。

・あくまでサブとしての役割

これはイマイチというのとは違いますが、タブレットでのブログ更新はやはりメインのPCがあってこそ成り立つスタイル。

タブレット単体ですべての作業を完結させるには、やや不安が残るところではあります。

しかし反対にいえば、メインのPCさえあれば十二分にその役割を果たしてくれますので、なるべくお金をかけずにサブでの執筆環境を構築させたい人にはおすすめできる方法ではないかと。

まとめ

まずこのエントリーの本題である『タブレットで快適なブログ更新』に関しては、予想の上を行く快適さで実現することができました。

本音を言えば実際に導入してみるまでは懐疑的ではありましたが、その気持ちは良い意味で裏切られることになりましたね。

FireHD10タブレットならプライム会員の方は常時4000円オフで購入することができますので、サブの端末を探している人にはもってこいではないでしょうか。

もちろん普通のAndroidタブレットでも問題ありません。が、コスパという意味ではFireHDは頭一つ抜けていますので、GooglePlayの導入が手間でなければFireHDをおすすめします。

この記事で、より多くの方にタブレットでのブログ更新の可能性を知っていただけたら幸いです、