家族4人でスマホ料金を1万円以下にする方法




生活が楽にならない。その一つの原因にスマホ料金がありますよね。平均スマホ支払額はおよそ8,000円。正直とても高いですよね…。8,000円っといっても家族の場合は一人じゃないですからね。

お父さん、お母さん、高校生、中学生の4人家族なら、スマホ料金だけで毎月32,000円も支払っていることになります。ひぇ。

 

通信費だけて毎月32,000円も払っていたら、生活も苦しくなるのも納得。給料もあがらないこんな時代ですから、必要ないものはどんどん削っていかないと生活できませんよね。

 

スマホ料金が高いのはわかってる。だけどどうすればいいか分からない。なんかてっとり早くスマホ料金安くならないの?そんな気持ちにもなってしまうのは当然のこと。

 

結論から言うと、ある方法を使えば通信費は劇的に安くすることができます。しかも今回は「家族4人で一万円以下」という、やや無謀とも思える劇的な節約術を紹介していきたいと思います。

 

 



スマホ料金を抑える方法

まずは肝心の節約方法から。これはもうとてもカンタンで、節約上級者はとっくに使っている格安SIMに乗り換えるだけです。

えっ?格安SIMって難しそう?

心配いりません。格安SIMは「難しい」と勘違いされがちですが、それは大きな間違い!むしろ難しいのは今使ってるキャリアの方。

まずあなたは、今どんなプランに契約して何にお金を払っているか、自信をもって答えることができますか?たぶんほとんどの人が自信をもって答えることができないと思います。

 

じゃあ、格安SIMはカンタンなの?という事ですが、はい、簡単です。だって格安SIMの売りって「安くてシンプルなこと」ですから。料金プランなんて通話を使うか使わないか。

そこに毎月必要なデータ容量を選ぶだけ。これをカンタンと言わずして何と言いましょう。

 

肝心な料金なんですが、正直、格安SIMに乗り換えたら家族4人で1万円以下はそんなに難しいことではありません。むしろそれくらいは当然ともいえます。

キャリアと比べれば天と地ほどの差があるのが当たり前なんです。

 

もし格安SIMに乗り換えて月額32,000円が1万円になったら、ひと月当たり22,000円の節約。たったひと月です。とても大きな節約になりますよね。お母さんだってエステに通えるかもしれません。

 

年間約26万円。2年で50万円以上の節約になる計算

ってか他にこんなに節約できる固定費ってあります?もうね、この金額に驚かない人はキャリアを使い続けても問題ありません。ブルジョワはたくさん税金払ってください。でももしこの金額を見て驚いた人は、絶対格安SIMに乗り換えたほうがいい。

 

だって2年間で50万円貯金できるのと同じですからね。でもこんな偉そうなこといってる自分も、実はつい半年ほど前までスマホ料金の高さに苦しんでいたんですよね。僕はまだ子どもが小さいので夫婦2人だけのスマホ料金で済みますが、それでも毎月16,000円はそれなりの負担。

これから子どもも大きくなったら負担は増えるわけだし、その前になんとか安くする方法はないかと考えていました。

 

そこで契約更新月をきっかけに、思い切って最近話題の格安SIMに乗り換えたんですよね。もちろんずっとキャリアで契約してきたので、格安SIMへの乗り換えに不安がなかったとは言えません。通話品質とか、サポート体制とか。

で、実際乗り換えてみてどうだったかというと、「何一つ不自由なく使えています」。スマホに詳しくない妻でも、何も困っていることはないそうです。

 

未だに格安SIMに偏見をもっている人はいますが、そんなの無視無視。使ったこともないのにあーだこうだ言う人はほっときましょう。20年近くキャリア携帯を使ってきた人間が何一つ困っていないんですから、少しは説得力もあるかと思います。

 

この記事では「何としてでもスマホ料金を安くしたい!できれば1万円以内で」なんて一見すると無理難題にも思える、アツイ想いを持った人に向けて書いています。実際に家族で乗り換えるのにオススメの格安SIMを具体的に紹介していきたいと思います。

 

この記事で紹介すること

  • イオンモバイルで家族で1万円以下
  • LINEモバイルで家族で1万円以下
  • UQモバイルで家族で1万円以下

 

では、どうぞ。

イオンモバイルでスマホ料金1万円化計画

まずはイオンモバイルです。イオンモバイルで1万円以下に抑えるために利用したいのが「家族シェアプラン」。契約したデータプランを家族間でシェアできるので、使うデータ量が個々でバラバラな場合にオススメなプランです。

 

家族での乗り換えなら利用しない手はありません。めっちゃお得に乗り換えることができます。詳しく説明していきます。

家族シェアプランの詳細

イオンモバイルの「家族シェアプラン」はSIMカード1枚につき4枚までのデータSIMカードの追加ができ、最大5枚での利用が可能。しかし今回の場合は家族全員が「音声通話が必要」と想定しますので、音声通話SIMを4枚契約した場合の価格を計算していきます。

 

家族4人で使う場合の金額は?

キャリアで一番多い契約プランは5GBのプランです。でもね、実際お父さん、お母さんてそんなに使わないんです。ほとんどの人が2GBもあれば十分、という調査結果もあるくらいですから。だけど子どもたちとなると話は別。

隙あらばLINEだ、Twitterだ、インスタだ、YouTubeだってスマホ依存の激しさったら。

 

だから2GBなんて、あっという間に使いきっちまいやがるわけで。そんなときの「シェアプラン」が頼りになるんですよね。例えばイオンモバイルなら20GBのシェアプランがあるから、お父さん、お母さんでそれぞれ2GBの利用で、子ども2人がそれぞれ7GB使っても、まだ余るから個別に5GBの契約するよりお得。

 

 

んで肝心な価格はわずか4,980円(税込5,378円)。他にもSIMカードを1枚追加につき700円かかるんだけど、それでも合計7,862円。はい!1万円以下。ちょろいって言ったでしょ?

 

家族4人でイオンモバイル

  •  シェアプラン20GB:4,980円+SIMカード追加料金700円×3枚=7862円(税込)

注意点

イオンモバイルではSIMカードの発行1枚につき3,000円の料金が発生します。ということは、4人家族が乗り換えた場合は4枚のSIMカードが必要になりますので合計12,000円。

ただしこのSIMカード料金は一括払いのみで、分割払いはできませんので頭に入れておいてください。

LINEモバイルでスマホ料金1万円化計画

LINEモバイルの場合はシェアプランはありませんが、代わりにアツイのがカウントフリー機能。カウントフリーとは、対象のサービスがカウントされず、データ消費ゼロとして扱われる非常にありがたいサービス。

 

で、その肝心なカウントフリー対象のサービスは、Twitter、インスタグラム、facebookなどの主要SNS。他にもLINEアプリで利用できる機能(LINE電話、LINEメッセージ、画像・動画の送受信、タイムライン)がすべてカウントフリーなんです。

 

ってことはですよ、学生なんてSNSがなきゃ今にも死にそうなくらいのヘビーユーザーなわけです。データ消費のほとんどがSNSってこと。LINEモバイルのカウントフリーなら、キャリアや他社格安SIMで5~7GB必要だったデータ容量を減らせるって事なんですよね。

 

イコール全体の利用料金が下げられて、みんなハッピーになれるアンビシャスなサービスなんです。バンザイ!カウントフリー!

 

家族全員がLINEモバイルにした時の料金は?

LINEモバイルの料金プランは以下の通り

◆コミュニケーションプラン

基本データ容量データSIM(SMS付き)音声通話SIM通信速度
3GBプラン1,110円1,690円225Mbps
5GBプラン1,640円2,220円225Mbps
7GBプラン2,300円2,880円225Mbps
10GBプラン 2,640円3,220円225Mbps

ここでは最もオーソドックスなコミュニケーションプランは例にとって計算していきます。まずもちろん4人とも音声通話が必要ですので、「音声通話SIM」を選択。次に基本データ容量を選びますが、カウントフリー分を考慮して全員が3GBのプランを選択。

 

▼家族4人でLINEモバイル

  •  1,690円×4人分=6,760円

たった6,760円。

仮に子ども2人が5GBのプランにしたとしても

▼子どもは5GBを選択

  •  1,690円(3GB)×2人分+2,250円(5GB)×2人分=7,880円

 

これでも7,880円。やっぱりチョロい、チョロすぎる。

UQモバイルで家族でスマホ料金1万円化計画

いくら格安SIMが魅力的でも、いきなりキャリアとなんの関係もないところに飛び込むのが不安だって人もいます。そういった人がいることも考慮して、最後は実質的なauのサブブランドであるUQモバイルを紹介。

KDDIコミュニケーションズが運営する格安SIMでCMもバンバン放映されていますので、知名度はバツグンです。

 

UQ家族割

UQモバイルには2回線目以降から利用料金が毎月500円割引される「UQ家族割」があります。家族割を使うことでお得に毎月の利用料金を抑える事ができるんですよね。

ただしこの「UQ家族割」には適用条件があって「おしゃべりぷらん」か「ぴったりプラン」を契約することが必須になるので、プランの選び間違えがないように注意してください。

 

◆おしゃべりプラン

プランSプランMプランL
月額料金1,980円
(14ヵ月目以降は2,980円)
2,980円
(14ヵ月目以降は3,980円)
4,980円
(14ヵ月目以降は5,980円)
データ容量最大2GB
(26ヵ月目以降は1GB)
最大6GB
(26ヵ月目以降は3GB)
最大14GB
(26ヵ月目以降は7GB)
通話最大60分
(26ヵ月目以降は30分)
最大120分
(26ヵ月目以降は60分)
最大180分
(26ヵ月目以降は90分)

 

 

◆ぴったりプラン

プランSプランMプランL
月額料金1,980円
(14ヵ月目以降は2,980円)
2,980円
(14ヵ月目以降は3,980円)
4,980円
(14ヵ月目以降は5,980円)
データ容量最大2GB
(26ヵ月目以降は1GB)
最大6GB
(26ヵ月目以降は3GB)
最大14GB
(26ヵ月目以降は7GB)
通話5分かけ放題5分かけ放題5分かけ放題

 

のどちらかを選択。違いは通話体系のちがいだけなので、ご自身にあったほうを選んでもらえればOKです。「おしゃべりプラン」は基本料金の中に無料通話分がセットになったプラン。

 

「ぴったりプラン」は5分かけ放題がセットになったプラン。家族でどちらかのプランで統一する必要はないので、それぞれのスタイルに合ったほうを自由に選べるのがイイ!

 

家族全員がUQモバイルにした場合の料金は?

公式サイトにわかりやすい図があったので引用させてもらいました。この例は家族全員が「ぴったりプラン」を選択しています。お父さんと、お母さんは一番容量の少ないプランSを選択。お父さんは1回線目なので通常料金の1,980円

2回線目以降のお母さん、息子、娘に関しては500円の割引が適用されていますね。

 

引用:UQモバイル公式サイト

 

▼家族4人でUQモバイルに乗り換えた場合

  •  1,980円+1,480円+2,480円+2,480円=8,420円

 

少し他の格安SIMよりは割高な結果になりましたが、UQモバイルの場合は通話分も含まれているので、実はコスパは悪くありません。ただ一つだけ注意点が。

UQモバイルの注意点

「おしゃべりプラン」、「ぴったりプラン」ともにこの価格で利用できるのは最初の13ヵ月間だけ。それ以降(14ヵ月目)はそれぞれ+1,000円になりますので、注意が必要です。

こういう期間限定の価格設定はキャリアの匂いがするところがやはりサブブランドらしいですね。

 

だから14ヵ月目からは家族それぞれが1000円アップするわけなんで、4,000円の増額に。ってことは、1万円以下で利用できるのは、最初の13ケ月だけってことになりますね。

それでもキャリアのブランドやサポート体制に安心感を求める人にとっては、評判の良さもあってオススメできる格安SIMですね。

通話料金について

これまで紹介した中ではUQモバイル以外は通話オプションがついていません。通話を使ったら使った分だけ料金が発生する、

従量制ってやつですね。「えー!?かけ放題ないの?結局、通話料金で高くなっちゃうじゃん!」って思いますよね?

 

でも実際のところそんなに通話ってしますか?LINE電話以外で。

 

1ヵ月の通話時間は約8割の人が30分以内という調査結果があります。もしどうしても不安であれば以下の通話オプションがあるので、家族の中で必要な人だけつければ、十分1万円以内で収まります。

まぁでも思ったより通話って使ってないと思いますけどね。

 

かけ放題が当たり前になって必要のない電話をしてるだけだったり。僕も例に漏れずそんな感じでしたが、格安SIMに乗り換えてからはだいたい通話料は30円くらいがほとんどですし(笑)

  • イオンモバイル  10分かけ放題月額850円
  • LINEモバイル  10分かけ放題月額850円

乗り換えのタイミングは?

あと気をつけたいのが乗り換えのタイミングですよね。キャリアにはなんってったってあの悪名高い「魔の2年縛り」がありますからね。

まぁタイミングよく更新月なら何の問題もないんですが、まだ更新月まで期間がある場合がやっかい。

 

途中で乗り換えると違約金が一人当たり9,500円。ざけんなってくらい高い。

 

乗り換えにかかる費用は

  • 違約金:9,500円
  • MNP転出手数料:2,000円~3,000円
  • 乗り換え先の事務手数料:3,000円

まぁけっこうかかります。最高でひとり当たり14,500円~15,500円。これが家族4人となると6万円くらいのお金が必要になってきます。「そんなの無理だって、高すぎだって」、そう思うのが至って普通の反応だと思います。

だけど結局はこれって格安SIMにかかるお金は「事務手数料:3,000円」だけ。

 

あとはキャリアに払う分ですからね。辞めるのだってただじゃ辞めさせねぇよっていう、キャリアの銭ゲバ全開の要求。

 

これを少しでも抑える為には、まずはやっぱり「契約更新月での解約」は外せません。うまく更新月で解約すれば実質2万円ちょいの費用で家族全員が乗り換えられます。

更新月が近いって人は絶対にこのチャンスだけは逃がさないようにしてください!

 

だけど、そうそう都合よく更新月なんてやってこないのが厄介な問題で。じゃあ次の更新月まで待つのが得策なのかというと、そういうわけでもないんですよね。

 

先ほどから説明しているとおり、格安SIMに乗り換えて1万円以下にまで節約すると、毎月22,000円以上の節約ができることになります。

仮に一時的に6万円を支払って乗り換えたとしても、3ヶ月あればもろもろの費用は取り返すことができるんですよね。

 

もし次の更新月まで6ヶ月以上あるようなら、違約金を払ってでも乗り換えたほうが結果的にはオトクになるってこと。目先の金額に惑わされずに、長い目で見ることも時には必要です。

まとめ

いかがだったでしょうか?ここで紹介した格安SIMに乗り換えれば、劇的にスマホ料金は安くすることができます。しかし先ほども言った通り、安くなることを知っただけで満足しては何も変わらないんですよね。

 

とにかく思い立ったらすぐに行動すること。これ超重要。

 

ってかお金が貯まる人とそうでない人の違いなんて、すぐにやるかどうかの違いしかありませんからね。

 

こういうのって後に伸ばせば伸ばすほど、面倒くさくなって結局やらずじまいが関の山。本気で節約したいのなら、行動あるのみです。

僕も最初は面倒くさかったですけど、今では毎月の請求を見てニンマリしてしまいますから(笑)

 

もしあの時乗り換えていなかったらと思うと、ゾッとします。だから皆さんもとっとと乗り換えて、奥さんをエステにでも通わせてあげてください。

 

では。