【2017年版】クレジットカード不要、口座振替に対応した格安SIMを超まとめ|デビットカード・LINE Payも




格安SIMに乗り換えたい!いざ申し込む段階になって、

 

「決済方法はクレジットカードのみとなります」

 

こんな言葉が飛び込んできて呆然となる人も多いかもしれません。出鼻、くじかれますよね。せっかく勇気を出して格安SIMなんて攻めたチョイスをして、節約するぞ!と思った矢先にこんなこと言われちゃうと。

 

もちろんクレジットカードを持てば解決できることなんだけど、何らかの理由でクレジットカードを持たない、持てないという人だっています。そこは個人個人で事情もありますからね。でもね、だからといって諦めるのはまだ早い。実は数こそ少ないですが、クレジットカードがなくても契約できる格安SIMがちゃんとあるんです。

 

そこで今回は、クレジットカード以外の、以下の決済方法に対応した格安SIMを紹介していきたいと思います。

 

  • 口座振替
  • デビッドカード
  • LINE Pay

 

そもそものギモン|なぜ格安SIMはクレジットカード決済だけなの?

キャリアに比べて支払方法の選択肢が少ないことは、格安SIMのデメリットだと言えます。ではナゼ格安SIMは他の決済方法を採用しないのでしょうか?それは、格安SIMは格安でサービスを提供しているため、少しでも未払いがあると利益を作ることができなくなってしまうからです。

 

クレジットカードは身分証明の側面もあります。クレジットカードを発行するためには審査が必要で、誰でも無条件に持てるものではありません。その為、クレジットカードを持っている人は「充分な支払能力がある」と判断されます。その為、決済方法をクレジットカードのみとすることは、料金滞納のリスクを減らす意味があるからなんですね。

口座振替に対応している格安SIM|楽天モバイル

まずは口座振替に対応した格安SIMを紹介します。楽天モバイルは2016年11月から口座振替での決済が可能になりました。利用者数NO.1の格安SIMだけあって、さすがの対応ですね。個人的にはこういったサービス全般の充実度を考えると、最初の格安SIMは楽天モバイルがベストだと思います。

 

公式サイト⇒楽天モバイル

楽天モバイルの特徴

楽天モバイルは、かけ放題オプションや超お得な端末キャンペーンなど、格安SIM初心者が、安心して利用できるサービスか充実しています。楽天ポイントをスマホ料金に充てることができたり、楽天市場でのポイントアップがあったりと、普段から楽天サービスをよく使う人にオススメの格安SIMです。

 

CHECK!

  • 2種類のかけ放題プランと通話半額アプリ
  • 安心の通信速度
  • 初月の利用料は無料
  • 翌月データ繰り越しあり
  • スマホが超オトクに買えるキャンペーンが充実
  • @rakuten.jpのメールアドレスがもらえる
  • 楽天ポイントを楽天モバイルの支払に充てられる
  • 楽天市場でのショッピングがポイントアップ

口座振替の注意点

楽天モバイルの口座振替は、毎月の引き落とし時に手数料100円(税別)が発生しますので、お忘れなく。

 

あわせて読みたい

口座振替に対応している格安SIM|OCNモバイルONE


NTTコミュニケーションズが運営するOCN モバイル ONEも、数少ない口座振替対応の格安SIMです。こちらは申し込み方法が少し特殊なので注意が必要です。公式サイトにもある通り、通常はクレジットカード決済のみの対応ですが、カスタマーズフロントに連絡することで口座振替での決済が利用できるようになります。

OCN モバイル ONEの利用料金のお支払はクレジットカードによるお支払いのみとなります。クレジットカードをお持ちでないお客様は、カスタマーズフロント「0120-506506」(10:00~19:00、日曜・祝日・年末年始は除く)へご相談下さい。

 

公式サイト⇒OCNモバイルONEの格安スマホ

口座振替の申し込み方法

Webから契約を申し込み後、OCN モバイル ONEカスタマーズフロントに電話します。

 

※カスタマーズフロント「0120-506506」(10:00~19:00、日曜・祝日・年末年始は除く)

 

  1. 口座振替での支払いの旨を伝えます
  2. 後日送られてくる『口座振替用紙』を記入し返送
  3. 手続きが完了次第、口座振替での決済ができるようになります

OCN モバイル ONEの特長

OCN モバイル ONEは、大手格安SIMのうちのひとつで、NTTグループが運営。一般的な月間通信量を選ぶプランと、一日分の通信量で契約するDAYプラン、2種類のデータ通信体系から選ぶことができるころが大きな特徴。

 

その他にも家族でデータ容量を分け合える「容量シェアSIM」など、用途に合わせた豊富なプランから選択することができます。

CHECK!

  • 日割りコースと月間コースの二通りから選択
  • 初月の利用料は無料
  • 翌月データ繰り越し
  • 家族でオトク!容量シェアSIMプラン
  • 10分かけ放題プランもあり
  • 翌月データ繰り越しあり
  • MNPは不通期間なしの即日開通
  • 無料Wi-Fiスポットは全国83,000箇所

 

デビットカードに対応している格安SIM|楽天モバイル

楽天モバイルはデビットカードの支払いにも対応

楽天モバイルではデビットカードの支払にも対応しています。デビットカードとは、後払いのできないクレジットカードだと思ってもらえればOK。使ったその場で口座から引き落としされるため、使いすぎる心配がありません。

 

その為、デビットカード自体は16才以上であれば誰でも申し込むことができます。また無審査のカード企業も多いので、所有するハードルはクレジットカードよりも低いと言えます。

LINE Payで決済できる格安SIM|LINEモバイル


LINEモバイルではLINEが提供する決済サービス「LINE Pay」に対応。LINE PayとはLINE経由でネットショッピングの決済や、友だち同士での送金が行える、ID決済サービスです。利用するためには事前のチャージが必要なため、クレジットカードで心配される使いすぎを防ぐことができます。

 

LINE Pay自体はネット決済サービスですが、LINE Payカードを発行することで、国内外3,000万店の実店舗でも使えるようになります。

 

公式サイト⇒LINEがデータ消費ゼロで月額500円~!

 

↓↓↓LINE Payの詳細はこちら↓↓↓

LINEモバイルの特徴

LINEモバイルはカウントフリーやLINE年齢認証、LINEミュージックなど、若い世代にアピールできる特徴を多く持った格安SIMです。もちろん高速な通信速度や10分かけ放題オプションなど、多くの人が不足なく使えるオプションが用意されていますので、誰にでもオススメできる格安SIMのひとつと言えます。

CHECK!

  • 主要SNSがカウントフリー
  • 定評のある通信速度
  • 10分かけ放題オプション
  • 初月基本料金無料
  • LINEミュージックがお得に使える+MUSICプラン
  • 他社購入の端末も保証「持込端末保証」
  • 格安SIM唯一のLINEのID検索対応

まとめ

スマホ料金が劇的に安くなる格安SIMですが、クレジットカード決済のみのところが多く、乗り換えの壁になっている事実があります。クレジットカード以外の決済に対応しているところはごく一部。まだまだ数としては物足りませんので、格安SIM普及の為にも今後より多くの対応が望まれます。

 

しかし、今回紹介した格安SIMであればクレジットカードは不要で乗り換えることができますので、ぜひスマホ料金の見直しに役立ててください。

 

では。