世界一わかりやすいSIMロック解除のこと




SIMロック解除。

みなさんはこの言葉の意味を知っていますか?格安SIMを調べると必ずといっていいほど目にする言葉です。

あたかも「ご存知!」みたいなニュアンスで語られることも少なくなってきた昨今なんだけど、いつのまに当たり前の言葉になったっていうんでしょうか?

僕はホラン千秋がいつブレイクしたのかも知らないし、いつの間にお茶の間に侵食してきたかも、境界線は未だあいまいなままです。

とにかく情報の移り変わりの早い現代では、浸透しきる前に常識となってしまう言葉や現象に戸惑うことも少なくありません。

そこで、今回は新参者のくせにデカイ面してるSIMロックおよびその解除について、世界一を目標にできるだけわかりやすく解説していきたいと思います。

 

 

SIMロックとは


今みなさんが使っているスマホや携帯電話は、購入したキャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)以外で利用できないよう端末にロック(制限)が掛けられています。

つまり、ドコモで購入したスマホや携帯電話はドコモでしか利用できませんし、それはau、ソフトバンクも同じで、購入したキャリアでしか利用できないように制限が掛けられています。

たとえば、ドコモで購入したスマホのまま、他社(au、ソフトバンク)には乗換えができないということになります。

これがSIMロックと呼ばれているもの。そして、このSIMロックは格安SIMへの乗換えを考える上で、決して無視できない少々やっかいな要素でもあります。

格安SIMには2種類の回線がある

格安SIMはキャリアから回線をレンタルすることで運営しています。このレンタルした回線を、顧客にリーズナブルな価格で提供しているのが格安SIMなんですね。設備投資という最もお金のかかる部分を省くことができるので、劇的に利用料金を下げることができます。

そして実際に格安SIMに回線を貸し出しているのは、ドコモとauの2社。格安SIMにはドコモの回線を使ったドコモ回線とauの回線を使ったau回線、2種類の通信回線が存在することになります。

 

ソフトバンクの回線を使った格安SIMはあることにはありますが、まだ1社のみでサービスに関しても発展途上。実質的にソフトバンクユーザーもドコモ回線、au回線の格安SIMを使う必要があります。

 

SIMロックの制限があるため格安SIMを選ぶ際にも、基本的には現在利用しているキャリアと同じ回線を使っている格安SIMを選ぶ必要があります。

その為、お目当ての格安SIMがドコモ、auどちらの回線を利用しているかということは、格安SIMを選ぶうえで重要なポイントになってきます。

しかし後述するSIMロック解除をすることで、回線の種類を問わず契約することができます。

SIMロック解除とは?

自分にピッタリな魅力的な格安SIMがあるのに、SIMロックのせいで好きな格安SIMが選べない!なんて理不尽なんでしょうか。

だからといってあきらめるのはまだ早いです。絶対に同じ回線の格安SIMしか選べないかというと、決してそんなことはありません。実はそんな不自由極まりないSIMロックを無効にすることができる方法があります。

それがSIMロック解除です。

もちろん違法改造などの怪しいものではないので、心配いりません。

総務省がユーザーの利便性を上げる為に、国をあげて取り組んできた対策なんです。

SIMロック解除のメリット

SIMロック解除することで、回線の種類にとらわれず好きな格安SIM(自由にどこでも!)と契約できるようになります。

お目当ての格安SIMがドコモ回線でも、au回線でも気にすることはありません。ご自身にあったサービスを提供している格安SIMを自由に選んでください。

ただし全ての人がSIMロック解除が必要なわけではなく、基本的には異なる回線の通信業者に乗り換えるときだけだと考えてください。

▼SIMロック解除が必要になるケース

  • ドコモからau回線の格安SIMの乗り換えたい
  • auからドコモ回線の格安SIMに乗り換えたい
  • ソフトバンクから、格安SIMに乗り換えたい

格安SIMのほとんどはドコモ回線

実は格安SIMの9割以上はドコモ回線を使用しています。そのため、よほどの理由がない限りはドコモユーザーがSIMロック解除する必要性は低いです。

au回線を扱っているのはUQモバイル、mineo、IIJmioの3社のみ。逆に言えば、それ以外はすべてドコモ回線の格安SIMだと考えると、回線の把握もしやすいでしょう。

auユーザーは上記3社の中から希望に沿ったプランやサービスがない場合、SIMロック解除をすることで、ドコモ回線の格安SIMから選ぶことができるようになります。

▼ドコモ回線の格安SIM

  • 楽天モバイル
  • LINEモバイル
  • OCNモバイル
  • BIGLOBE SIM

など、その他多数

▼au回線の格安SIM

  • UQモバイル
  • mineo
  • IIJmio

SIMロック解除の方法

そもそもが、SIMロック解除なんて言葉自体があまり聞きなれない言葉ですよね。

自分にできるのかと不安になってしまうかもしれませんが、SIMロック解除の方法はとてもカンタンですので安心してください。

SIMロックを解除するには以下の2つの方法があり、簡単な手続きだけで完了させることができます。

  • Webでの手続き
  • 店頭での手続き

どちらの方法からも申し込むことができますが、オススメはWebからの手続きです。ショップで店員さんに手続きをしてもらうと、手数料として3,000円(税別)の費用がかかってしまいます。

Webからであれば手数料無料で行うことができるため、よほどの理由がない限りは自分でWebから申し込んだ方が余分な費用がかからずに済みます。

ドコモ端末のSIMロック解除

webまたは、ドコモショップでの申し込みが可能となっています。ドコモショップでの申し込みは3240円の手数料が発生。webからの申し込みは手数料無料となっています。

しかし、ほとんどの格安SIMはdocomo回線を使用していますので、特別な理由がない限りはSIMロック解除をする必要性は低いといえます。

ドコモ公式サイト:SIMロック解除の手続き

 

au端末のSIMロック解除

auもdocomoと同じく、webからの申し込みとauショップでの申し込みに対応しています。auショップでの申し込みは3240円の手数料が発生し、webからの申し込みは無料となっています。IMEIまたはMEIDというシリアルナンバーの入力が必要になりますので、事前に端末の設定メニューから調べておきましょう。

▼auのSIMロック解除注意点

au以外での利用は動作保証がされていないため、他社SIMカードを利用するのは自己責任になりますので、注意が必要です。

au公式サイト:SIMロック解除のお手続き

 

ソフトバンク端末のSIMロック解除

softbankショップでの申し込みと、会員ページのMy SoftBankからの申し込みになります。softbankショップでの申し込みは3240円の手数料が発生し、My SoftBankからの申し込みは無料となっています。

▼softbankのSIMロック解除注意点

現在softbankの回線を利用した格安SIMは一つしかありませんので、softbankのスマホを格安SIMで利用する場合はSIMロック解除がほぼ必須といえます。

ソフトバンク公式サイト:SIMロック解除の手続き

SIMロック解除の変更点

2017年8月1日以降に発売されるキャリア契約のスマートフォンは、格安SIMへの乗り換えに限りSIMロック解除をすることなく乗り換えられるようになりました。

これは総務省の要請によるもので、利用者が一方的に不便を強いられていたことに対する改善命令です。

もちろんiPhone8およびiPhoneXも対象ですので、異なる回線の格安SIMへの乗り換えにSIMロック解除は必要ありません。

注意点

今回の変更はあくまで格安SIMへの乗り換えに限定されて物ですので、キャリア間の乗り換えは今までと変わらずSIMロック解除をする必要があります。

SIMフリースマホ

もともとSIMロックがかかっていない端末のことを、SIMフリースマホと言います。

SIMフリースマホは格安SIMの契約時に購入することもできますし、Amazonなどのネットショップでも購入することができます。

もし手持ちの端末ではなく新規に端末を購入する場合は、SIMフリースマホを購入することで回線の種類にとらわれず自由に契約することができます。

まとめ

▼SIMロック解除まとめ

  • 種類の異なる回線でも利用できるようになる
  • Webからの手続きは無料
  • 店頭では3000円の手数料がかかる
  • 2017年8月1日以降に発売された機種はSIMロック解除が不要
  • SIMフリー端末を用意してもよい

SIMロック解除は格安SIM選びを格段に自由にしてくれます。

ぜひ、ご自身にあった格安SIMを見つけてみてください。

では。